泉佐野市[奈加美神社 地鎮祭 安産 お宮参り 厄除け]|安産祈願

  安産祈願・戌の日

安産祈願のご案内

私たちが今ここに生かされているのは、神々の尊いお蔭やお導きを頂き、ご先祖さまからの「命」の継承があり、ご両親を始め周囲の人達の育みがあったからこそです。

その「命」の尊さに感謝し、大神様のお導きにより授かった新しい「命」がお母さんのお腹で順調に育まれ、無事出産できるように安産のご祈願をお受けになりましょう。

安産の神様 神功皇后


<神功皇后と八幡大神(応神天皇)を抱く武内宿禰>

上の写真の大絵馬は天保11年(1840)当神社に奉納されたもので、円山応挙の門流により描かれたものです。

「古事記」によると約1800年前、神功皇后が朝鮮半島に出征した時に、お腹には応神天皇を身籠っており、その時に石を帯の中に巻きつけ、帰還後に無事お産みになったという事が記されております。この事から神功皇后はご安産の神様として崇められ、腹帯(岩田帯)の起源になったとも言われております。

戌の日


安産祈願・着帯のお祝は一般的に5ヶ月目の戌の日に行います。
戌の日に行うのは犬が多産で安産である事に因み、安定期に入る5ヶ月目が目安とされています。
 〒598-0002 泉佐野市中庄834番地  TEL 072-462-7080 FAX 072-462-7085
 Copyright(C)2011 奈加美神社 all rights reserved.